【ドラマをもっと楽しむために】半沢直樹に出てくる専門用語徹底解説!※ネタバレあり【これであなたも倍返し!】

ドラマ・映画

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

みなさん、日曜劇場「半沢直樹」をご覧になっていますか?

なんと、第1話(2020年7月19日放送)が視聴率22%と、昨今のドラマシリーズからしてもモンスター級の大ブームとなっています!

ちなみに、前作の最終回の視聴率は42.2%と、国民的なドラマの一つと言っても過言ではありません。




しかし、今回のシリーズは主人公である半沢直樹(堺 雅人)が東京中央銀行の子会社である東京セントラル証券に出向したところから始まったこともあり、ドラマの進行のほとんどが株関連の専門用語ばかり・・・

なんとなく物語についていっても、結局なんのことを話してるんだろ?

と思われた方も多いはずです。



僕自身も株取引は数年行っていますが、ドラマに出てくる用語はそういった経験がないとなかなかピンとこないかもしれません。

ということで、今回はドラマに出てきた株の専門用語についてなるべく噛み砕いて解説していきたいと思います。

なお、ドラマの用語については各ドラマ回ごとにまとめていきます。

※なお、僕自身は証券会社の社員ではないため、あくまでもドラマを読み進める上での解説書程度に考えていただけると幸いです。



半沢直樹 第1話 専門用語

さっそく1話目からかなり専門用語が飛び交ってましたね!

ここで、簡単なおさらいをしつつ解説していきます。

[新ドラマ]日曜劇場『半沢直樹』7/19(日)スタート!! 不屈のバンカー半沢の新たな戦いが幕開ける【TBS】

半沢直樹 第1話 あらすじ

東京セントラル証券は電脳雑伎集団から、東京スパイラルの買収を行う上でアドバイザーになってほしいとの依頼を受ける。しかし、スパイラル側が買収を受け入れることは考えにくく、① 敵対的買収 になることが予想されていた。

一旦はスパイラル買収に向けて動きだした東京セントラル証券だったが、実は秘密裏に親会社である東京中央銀行が電脳雑伎集団に対してスパイラル買収のアドバイザー契約を結んだのだった。

なんとか電脳雑伎集団が敵対的買収を行う情報を得た半沢たちだったが、当日の株式市場においてスパイラルの株価はまったく動かず、その日の取引が終了する。

やはり電脳雑伎集団の敵対的買収は行われなかったのかと思われたが、実際には ②時間外取引にて実に30%もの株式が取引され、敵対的買収は行われたのだった。

引用:TBS公式

30%の株式(1500億円)はスパイラルの創業者の瀬名社長を除く2名から事前に契約していたものであり、東京中央銀行が根回しをしていたことが判明する。

動かぬ内通者の情報を見つけた半沢だったが、直前でその情報を知った伊佐山が証拠のメールをサーバから消すように指示し、証拠が消滅してしまうのだった。

created by Rinker
Youmay
¥1,580 (2020/08/09 19:02:51時点 Amazon調べ-詳細)

① 敵対的買収とは?

敵対的買収とは、文字通り、買収対象の会社が意図していない買収になります。

買収?それどうやってするの?

そう思われる方のため、そもそも株式会社の仕組についてご説明します。

株式会社とは、文字通り「株券」を発行して資金を調達している会社のことです。

株券の価格の推移が株価として、よくみなさんが見ている数字のチカチカで表されているわけですね。

会社としては株券を発行して資金を調達する代わりに、その株券を買ってくれた人を株主として、配当金や株主優待などのリターンを出します。

そして、この株券を3分の1以上取得した株主に対しては、事実上その会社の経営権が与えられます。

要は、株買ってあげてるんだから、株主の言うことは絶対! ということです。

今回、電脳雑伎集団はスパイラルの株を33%以上取得することでスパイラルの権利を取得しようとしています。

引用:TBS公式

ちなみに、「敵対的買収」以外にも、 買収する側とされる側が合意の上で行われる「友好的買収」があります。



② 時間外取引とは?

さて、株取引は取引されている時間帯っていつかご存知でしょうか?

平日にしてるイメージだけど。。。

株式市場は平日の9:00 〜 11:30(前場と呼びます)と12:30〜15:00(後場と呼びます)で取引されています。

この時間帯以外で取引されることが時間外取引です。

通常、前場、後場では証券会社や個人の方が株取引を行っています。しかし、この時間帯で先ほどのような33%の株式を取得しようとすると、どんどん株価が上がってしまいます。

株価は株券を買いたい人と売りたい人の価格が一致した時点で取引が成立します。

つまり、1500億円分を一気に買おうとしても売り手がいなければ一気に株価が上下してしまうわけですね。

代わりに、時間外取引であれば、先ほど売ろうとしていたスパイラルの創業者たちと電脳雑伎集団で値段を決めてやりとりできるため、価格の値動きを気にすることなく取引を成立できるわけです。



半沢直樹 第2話 専門用語

電脳雑伎集団のスパイラル買収にむけ、東京中央銀行が時間外取引にて30%の株を取得してしまいました。

そこで、今回はスパイラル側の対抗措置として登場した「ホワイトナイト」についてご紹介します。

ホワイトナイトって何?

引用:TBS

さて、第2話でも聞きなれない用語が出てきましたね。ドラマ中でも半沢が瀬名社長に対して説明していましたが、ホワイトナイトについて改めてまとめます。

ホワイトナイトは白馬の騎士と意訳されており、今回のような敵対的買収に対して、買収される側が新株を発行した際の買取先として位置付けられます。

前回もお伝えした通り、発行済の株のうち、3割以上取得されてしまうと、経営権が与えられてしまうため、事実上、買収が成立してしまいます。

そこで、なんとか発行済の株数を増やすことで電脳雑伎集団の取得株の割合を下げることにしました。

ただし、新株を発行しても、それを買い取ってくれる相手が無いと成立しません。

 

今回で言えば、フォックスの郷田社長がそのホワイトナイトとなり、1500億円相当の新株を買い占めることで、敵対的買収を阻止しようとしてましたね。

引用:TBS

実際にはフォックスも東京中央銀行と手を組んでおり、新株を引き受けた段階で電脳雑伎集団の傘下に入ることでスパイラル株の3割以上を一気に取得し、買収を成功させるという魂胆でした。

なんとか半沢たちはその作戦を見抜き、第3話にて逆買収を行うように瀬名社長に提案します。



ますます面白くなる半沢直樹!

引用:TBS公式

さて、まだまだ先が読めない半沢直樹ですが、これからもまだまだ専門用語が出てきそうですね。

僕もそうでしたが、まずは試しに株取引をやってみてもいいかもしれません。※株取引はあくまでもご自身の余剰資金の中で行われることをおすすめします。

無料で口座開設できて手軽に利用できるDMM証券などおすすめです。

DMM株

今後もドラマに合わせて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!



コメント