【結局何が変わったの?】AirPodsProとAirPodsの違い徹底比較!【AirPodsProの入手方法も公開】

家電

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

2019年10月30日、ついにAirPodsProが発売されました!

僕自身も日頃からAirPodsを使っていましたが、最近調子が悪く、急に接続が途切れてしまったりするようになったので、急遽AirPodsProの購入に踏み切ったわけです。




ただ、僕自身どういった点が進化しているのか、正直なところよくわからず購入した経緯もあるので、使ってみて分かったことや、初代AirPodsとの違い、さらには、現在入手困難なAirPods Proを手に入れることができる裏技をご紹介します!

AirPodsの周辺アクセサリは楽天が品揃え豊富ですよー。


AirPodsProとAirPodsをそれぞれ使ってみた!

早速我が家にもAirPodsProが届きましたので、これまで使っていたAirPodsと並べてみました。

比較その①:外観

左側がAirPodsPro,右がAirPodsですね。

パッケージのイラストはそれぞれ本体の写真がシンプルに配置されています。

続いて、収納ケースをみてみましょう。



AirPodProの方が横長になった感じですね。

とはいえ、ポケットに入りきらないというほどでもないので、許容範囲かと。

開けてみるとこんな感じ。

AirPodProの方がカナル部分も収納している分、横長になっているんですね。

外観の最大の変化としては、本体の通信モジュール部分が短くなって、うどん感がなくなったことですかね(笑)

散々耳からうどんだとか、チンアナゴと揶揄されてきましたからね。。。

どうでもいいですが、「AirPods うどん」と検索すると。。。

いや、みなさん気にしすぎです(笑)(しかも、日本代表ってなんだ…)

さてさて、それはおいておきまして、次は機能面での違いに触れていきましょう。



比較その②:機能

さて、外観からもすでに違いがありましたが、さらに機能にはどういった違いがあるのでしょうか?

まず、なんといってもAirPodsPro最大のウリといっても過言ではない、「アクティブノイズキャンセリング機能」にはとてもビックリしました!

アクティブノイズキャンセリング

AirPods Proは驚くほど軽いノイズキャンセリングヘッドフォンです。聴いているものに集中できるように周囲の環境音を遮断。外向きと内向きの2つのマイクロフォンを使って、抜群のノイズキャンセリング性能を発揮します。あなたの耳の形状とイヤーチップの装着状態に常に適応しながらアクティブノイズキャンセリングが静寂を生み出すので、音楽、Podcast、通話など、聴きたいものだけを聴くことができます。

引用:Apple公式サイト

これまでノイズキャンセリング機能がある他社イヤホンですら使ったことなかったので、ノイキャン初体験だったのですが、AirPodsProをつけた途端驚きました!



電車の中で初めて接続してみたのですが、「ジャッ!」と耳が真空になったような状態となり、それと同時に電車のエンジンが止まったんじゃないか?と思うくらい静寂になりました。

もちろん、他の人の話声等はかすかに入ってくるのですが、エンジン音や騒音はまったく遮断されてしまいましたね。

ということで、僕は過去2回ほど本来降りるべき駅のアナウンスを聞き逃して乗り過ごすという失態をおかしています(笑)

そんな停車駅のアナウンスが聞こえなくなるほど高性能なノイズキャンセリング機能ということで(笑) まずはこの時点でとても大きな進化だと思います。

さらに、ノイズをキャンセルしてくれるだけでなく、逆に外界の音を意図的に聞こえるようにする機能も持ってるんです!

外部音取り込みモード外部音

取り込みモードに切り替えると、AirPods Proが外部の音を取り込むので、周囲の環境音を聞いたり状況を把握することができます。外向きと内向きのマイクロフォンが、AirPods Proのシリコーン製イヤーチップの遮音効果を解除。近くにいる人と会話する時などに、すべてが自然な感覚で聞こえます。

ここまで高性能になると、もはやただのイヤホンではないですよね!

AirPodsも確かに高性能だと感じていましたが、AirPodsProはさらに上のまったく違うものと考えていいと思います!

AirPodsProあるある。

では、ここからは実際に使い始めて気が付いた、「AirPodsProあるある」をご紹介します!(僕だけだったらすいません。。。)

あるあるその1:「カナルが裏返しになりがち」

AirPodsProからカナルが新たについたのですが、耳へのフィット感が強い反面、急に外すと、ラッパ傘状態に。。。(笑)

あっ、ちなみにラッパ傘って方言らしいですね。要は強風のときになるあの状態です。

これは他のカナル型のイヤホンでもあるかもですね。



あるあるその2:「ケースへの収納が激ムズ」

AirPodsの時はそんなに感じなかったのですが、今回のAirPodsProについてはケースへの収納が急に難しくなった気がします。

すでにお使いの方の中にも同じことを感じておられる方もいらっしゃるかと!

何も考えずに入れようとするとこんなことになることになるんですよね。

いや、普通に考えるとこの向きやろ!と思って入れたらひっかけみたいなことに。。。あっ、これは実際使ってみないと感じないかもしれません。



入手困難なAirPodsProを手に入れる方法。

現在でも品薄状態が続いていて、入手困難なAirPodsProですが、即日で手に入れる方法があるんです!

いくつかあるんですが、大きく分けると以下の2つになります。

①Apple Storeに直接取りに行く。

②プレ値をかけてオークション、フリマアプリで購入。

僕は①の方法を使って入手しましたが、一体どうやったらいいんでしょうか!?

Apple Storeのサイトを毎朝チェックすべし!

Apple StoreのサイトでAirPodsProのページを見てみましょう。

AirPodsProのページはこちら

ページを開くとこの画面に遷移します。



画面左の受取日を確認しましょう。

最寄りのApple Storeだと約1ヶ月先の入手日になっています。

が、「別のストアをチェックする」をクリックしてみると、最寄り以外のストアの在庫状況を確認できます。

朝8時〜10時までの間に更新されることが多いそうです!(Apple Storeの店員さんにも確認しました)



おっ、今日だとApple福岡なら在庫があるみたいですね!

ちなみに、おそらくオンラインと店舗在庫で分かれているため、オンラインでは1ヶ月待ちなのに店舗だと当日受け取れるって状態になっているようです。

ということで、ぜひ欲しい方は毎朝チェックすることをおすすめします!

結論、AirPodsProは「買い」なのか?

どうでしたでしょうか?AirPodsProについてまとめてみましたが、

個人的には「買い」であると思います!

多少お金は張るものの、お金をかけてもそれだけ満足感がありますよー。

冬のボーナスを握りしめて購入しましょう!(僕はすでに前借りしました笑)



コメント