ダンスを始めるならこのスニーカー!adidasのCampusをレビュー!

スニーカー

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

NIKEやPUMAと同じく、ダンサーから多くの支持を集めているAdidas(アディダス)より、Campus(キャンパス)を紹介したいと思います。

 

ADIDASのCampusって?

アディダス キャンパス(adidas campus)は、1970年代に登場したトレーニングシューズ。

ホワイトレザー・バージョンとして登場し、1980年代に入ってフル・モデルチェンジ。ベロアレザーのプレーントゥとして再登場します。

プロスポーツの競技用というよりは、コートスポーツやジムでのトレーニング、またスポーツ対応のレジャーシューズとして1980年代中頃までリリースされました。

再評価されるのは1990年代に入ってからのことで、ニューヨーク出身のヒップホップグループ、ビースティーボーイズ(Beastie Boys)のメンバーがこのキャンパス愛用したことで「レアなオールドスクールスニーカー」という新しい価値基準が付加され、(すでに生産中止になっていたため)デッドストックの現存数も少ないことも人気に拍車をかけ、ストリートアイテムとしてカルトな地位を獲得します。

引用:スニーカー見学

AdidasではCampusによく似たスニーカーにGAZZLE(ガッツレー)も発売していますが、個人的にはGAZZLEはCampusよりもより全体的にシャープな印象を受けました。(履いていても、すごく見栄えはシャープでしたね)

これは、そもそも各々の靴の原点が違っているからと言われています。

Campus = もともとはバスケットボールシューズから派生

GAZZLE = もともとはサッカーシューズから派生

少しうんちく気味ですが、もし購入を考えておられたら参考にしていただければと思います。

 

Campusで踊ってみた感想

何を隠そう、僕のダンス用のスニーカーとして一番長くお世話になっていたのが、このadidas Campusでした。

NIKEの靴よりは少し全体的に足はゆったり履けます。

PUMAのSUEDEに比べると少し、足の甲の部分は狭く感じますが、踊っていて窮屈に感じることはないと思います!

また、ダンス中の急激なターンや、俊敏な動きが必要な部分にも対応できる結構万能なスニーカーだと思います。

ファッションとしても、3本ラインのadidasコーデにCampusを履くとよりオールドスクール感があるかもしれません。

コメント