ダンスバトルで勝つためには?個人的にもっとも大事にしていることをまとめます。

ダンス教本

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

これまでも度々ダンスバトルをいろいろな角度から解説させていただきました。

ジャッジってどこを見てるの?勝ち負けの付け方とは?僕なりに解説します。
どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。 今回は、よく質問を受ける、ダンスバトルの「ジャッジ」としての観点を、僕がやってきた知見から解説したいと思います。 (adsbygoo...

今回は、ダンスバトルで勝つために重要なことをまとめたいと思います。



流行りにのるということ

僕もこれまでダンスバトルをジャッジを受けさせていただく中で、ジャッジからの総評(バトルイベント終了後に、ジャッジがその日を通して感じたこと等をコメントする場)や、その後、その日のバトルのことについて直接聞きにきてくれたりする子にはお伝えしていますが、

勝ちたい、優勝したいと思ったら、とにかく自分のダンスをしなさい!」

そう、これに尽きると思っています。

あっ、もちろんこれだけ勝てるなんてほど、ダンスバトルは甘っちょろくはないですが(笑)

近年、どのダンスジャンルについても、日進月歩で進化を続けており、少し前まで優勝ばかりしていた人が勝てなかったり、急に出てきたダンサーが勝ち続けたりすることも少なくはありません。

合わせて、その時代に合わせて「流行り」みたいなものもあり、要は、すごく活躍しているダンサーの動きや服装を真似るダンサーが多く出てきます。

それ自体がいいだとか、悪いだとかは言うつもりはありませんし、現に、そういった流行りがあったからこそ、その度にダンスシーンのレベルがぐぐっと上がってきたので、これからもそういった流れは続いていくのだと思います。

ただ、ここで注意してほしいのは、

真似するだけではオリジナルには勝てない

ということです。



いや、ダンスバトルに限らず、世の中の様々な勝負の場面において言えるのかもしれません。

人は真似ぶ(真似して学ぶ)ということを通して成長することは実証されているため、1からすべて自分で成長していくよりも何倍も効果的に成長することができます。

ただ、真似することを意識しすぎてしまうと時に、コピー品のようなダンサーが量産されていくだけとなります。

好きなダンサーだから、好きな動きだから、と真似するだけでは、やはりオリジナルの方に勝てないんですね。

では、どうしたらいいんでしょうか?

がむしゃらに練習しても勝てない

一つだけ言えるとすれば、それは、「がむしゃらに練習しても勝てない」ということだと思います。

いや、もちろん普通の人が予想してないくらいの練習量を積んでいて、かつ、日々何時間も練習できる環境がある人は別だと思いますが、それでも練習効果としては非効率です。

ダンスバトルで勝つ!となったときには、必ず、「考えて練習する」必要があるんです。

では、どういったことを考える必要があるのでしょうか?

僕個人としては以下の3つを意識しています。



①自分らしいか(キャラクター)
②他の人がやってなさそうか(オリジナリティ)
③みんなが直感的に見ることができるか(クリア)
①のキャラクターについては、とにかくダンスバトルに出る以上は必要不可欠であると思います。
「ダンスがめちゃくちゃ上手いだけの人」と言われたことがある人もいるかもしれませんが、まさしく、①が欠けてしまうと周りからはこう見られてしまうのかもしれません。
あくまでも、1意見にはなってしまいますが、こうした、自分らしさを突き詰めている人がダンスバトルでは優勝に近い存在と思います。
多少動きが粗かったり、ミスが多かったとしても、終始ブレないキャラクターがあると、見ている人たちも「おっ?」となると思います。
逆に、めちゃくちゃ上手い人だけが勝つというシステムであれば、ジャッジは必要無く、観客の人が上手かった方に手をあげてもらえれば自ずとそうなっていくと思います。
ジャッジがいる理由としては、これまでその人がダンスを通して培ってきた基準を通してそのダンスバトルでの審査をするということですので、ジャッジが目を引くのはダンスとして魅力があるかという点も重要になってくるんですね。
ですので、改めて、自分のダンスは自分らしいか意識して練習してみましょう。



②、③は①がベースとなって、かつ、自分自身の動きをブラッシュアップしていく中で、意識するものとなります。
ストリートダンスにはどのジャンルにも基礎と呼ばれるものは存在しており、それを人と被らないようにしなきゃ!と思う必要はありません。
むしろ、基礎はちゃんと磨いていかないと、いくらキャラクターがあったとしても、そもそも評価の土台にあがることはできません。
基礎がある程度自分としてもしっくりくるようになれば、そこから自分らしさを探求していくことになりますが、他の人もすでにやっていたりとだとか、または見づらい動き(細かすぎて分かりづらいetc…)と、せっかく基礎ができてきたのに、先ほどと同じく「ダンスが上手いだけの人」になってしまいます。(もしかすると、それすら言われないかもしれません。。。)
他にもダンスバトルで勝つために必要な要素はいくつかありますが、最短ルートで勝つためのエッセンスをまとめてみました。

ダンスバトルで勝つためには?個人的にもっとも大事にしていることをまとめます。 まとめ



今回はダンスバトルで勝つためにはという観点で個人的に重要としていることをまとめてみました。
ダンスバトルで勝つのはそんな簡単なことではないとまず釘をさしてしまいましたが、あながち間違いではないです。それを踏まえた上で、下記の要素を意識していただければと思います。
ダンスバトルで勝つためには自分らしいダンスをすることから
誰かの真似をするだけでは、オリジナルには勝てない
キャラクター、オリジナリティ、クリアの3つを意識して日々練習しよう
ダンスバトルに出たこと無い方にはあまり理解できないかもしれませんが、意外と、キャラクターがある人とそうで無い人の差ははっきりと見えてくるもんです。
キャラクターだけが勝敗の重要なファクターであるとは言い切れませんが、一つではありますので、ぜひダンスバトルで勝てないときは、改めて意識してもらえるといいかもしれません。



コメント