【永久保存版!】ダンスバトルってぶっちゃけ先攻・後攻どちらがいいのか?必勝法をお教えします!

ダンス教本

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

今回は、ダンスバトルにおいて究極の決断ともいうべき、先攻で踊った方がいいのか、それとも後攻がよいのかという問題について、これまでダンスバトルやジャッジとして参加させてもらった僕なりの考えをご紹介させていただきたいと思います!




ダンスバトルにおいて、先攻/後攻どちらをとるのか、ダンサーによって考え方は多種多様かもしれませんが、僕なりの目線をお伝えさせていただいて、今後のダンスバトルに活かしてもらえれば幸いです!

そもそも、ダンスバトルではどうやって先攻後攻を決めてるの?

ダンスバトルをあまり見たことない方は、正直言ってどうやって先攻後攻が決まっていくのかそもそもご存知ないと思います。

サッカーであればコイントスを行なったり、MCバトルではじゃんけんをして先攻後攻を決めていますが、ダンスバトルではどうでしょう。

中には違う決め方をするイベントもありますが、一般にはDJが曲を流し始めたら、出たい方が先攻を取ります。

めちゃくちゃシンプルですよね笑



どちらも出なかった場合はどうするか。。。
その場合は第三者がボトルスピン(ペットボトルを回してキャップ側が向いてる方が先攻)して先攻後攻を決めます。

さて、次は本題である、先攻が有利か、後攻が有利かについてです。

これは、一旦それぞれのメリットをまとめてみましょう。

バスケットソックス ウェア クルーソックス STANCE Training Uncommon Solids Crew Blk ランニング トレーニング ストリート

価格:2,700円
(2019/6/30 01:14時点)
感想(0件)

先攻で踊るメリット/後攻で踊るメリット

後攻が有利と言われているのは、以下の2点が大きな理由だと考えられます。

 

後攻は先攻のムーブ(踊り)に合わせてムーブを組み立てることができる
後攻でインパクトのある踊りができれば、ジャッジの印象にも残りやすい



後攻の最大のメリットとしては、相手の出方を見て戦略を組み立て、踊ることができる点ですね。

バトルの相手がどんな踊り方をする人なのか。上手いのか下手なのか。

素直にそういった情報を見切ることができるというのは、バトルを進める上でもとても大きなアドバンテージとなってきます。

次に、先攻のメリットをご紹介します。こちらもやはり大きく2つの理由があると考えられます。

先攻 = バトルに対して前向きという印象がつけやすい
曲のおいしいところが曲の前半に濃縮されていることが多い
まず、バトルに挑むスタンスとして、曲がかかって先攻で出て行くダンサーを見てどう思うでしょうか?



後攻有利と言われているにも関わらず、進んで戦いに挑む姿を見てると、観客だけでなく、ジャッジも「おっ!」と思ってくれたりするんです。

何も考えずに曲がかかったらすぐに出て踊り始めるというのはあまり得策じゃないかもしれませんが、絶妙な間(例えば、お互いが出ずに膠着している状況)等で満を持して先攻をとったりすると、ジャッジによっては、それだけでアドバンテージを持ってくれたりもするんです。

ジャッジも所詮は人なので、見ていていいと思ったらダンスであれなんであれ、心動かされるものなんですよね。

次に、曲に関してですが、これも、よく言われることで、DJによっては曲をカットしたりせず、丸々流してくる方もいます。

それは決して悪いことでもなんですもなく、そのDJの特徴と思っていただけたらと思います。

その際、やはり重要になってくるのは曲との一体感

曲にも起承転結が存在しており、それが何度もループしたりもしますが、基本的にダンスで流れるような曲で、みんなが知っているのは曲の前半部分が多いです。

だからこそ、先攻で出ることによって、自分がおいしい部分を総取りできることだってあるんですね。

そう考えると、なんだか先攻もいいと思ってきませんか?



ダンスバトルってぶっちゃけ先攻・後攻どちらがいいのか?必勝法をお教えします! まとめ。

ここまで、それぞれのメリットを様々な観点から分解してみて、先攻・後攻それぞれの良さをまとめてきましたが、では、結論としてどちらがよいのでしょうか?

結論、どちらでもいいと思います!

なんじゃそりゃ?と思われるかもしれませんが、それぞれのメリットを理解した上で、バトルの時に合わせたチョイスをいただくことが一番よいと考えます。

相手の出方を見て踊りたいという人は後攻を!
自分が有利にバトルを展開したいということであれば先攻を!
どちらを選んでも自分らしく踊るのはとても大事です。
先攻・後攻の駆け引きも大事ですが、自分らしく踊ることもとても大事ですので、ぜひダンスバトル自体を楽しんでいきましょう!



コメント