【やりらふぃーって?】TikTokでよく聞くあの曲をDJ目線でまとめてみた!【有吉の壁 ストレッチャーズの曲は?】

2020年 12月1日 ギャル流行語大賞に「やりらふぃー」が決定!

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

最近Tiktokに代表される、動画投稿アプリでのダンスやパフォーマンスが増えてきましたね!

 

TikTokの始め方、使い方についてはこちらの記事でまとめています!

 

中には、

とてもいい曲だけど、曲名が分からない!

どこかで聞いた曲だけど、なんだったっけ?

ってことがあるはずです。

そこで、今回は動画投稿アプリ(主にTiktok)で人気の曲をいくつかまとめて紹介いたします。

 

2020年に流行っている日本語の曲はこちらにまとめました。(myraや臨海ダイバーなど)

産むのです!増えるのです!はこちらの記事で特集しています。

お疲れサマンサ!領域展開の元ネタについてはこちらの記事にまとめました。




 

ただ、普通に紹介しても面白くはないので、普段DJとしても活動している目線からアーティストの関連情報など交えてご紹介していきます。

 

TikTokの動画編集といえば、「CapCut」というアプリが便利!

無料で使えるので、TikTokに限らず動画編集で重宝しますよー!

CapCut

CapCut

Bytedance Pte. Ltd無料posted withアプリーチ

 

また、僕が普段使っているオススメのDJ機器(PCで直接繋げて使えるもの)もまとめました。

 

この記事がオススメな人

・TikTokなどで聞いた曲が分からない!
・他に何かいい曲ないかなと思っている
・流行りの曲で動画を撮ってみたい!
あと、TikTokに限らず、最近はテレビや芸人さんが使っている曲で分からない曲も結構でてきました。
なので、そういった曲についても幅広く紹介していきます!



目次

TikTokとは?

もうすっかり若者の間で浸透してきましたが、TikTokについて少し説明します。

TikTokとはモバイル上で行うショートムービープラットフォームで、2016年9月に中国のBytedance社からリリースされたサービスとなっています。

TikTokなのになんでアイコンが「d」になっているかですが、どうやら中国語の表記だとdが頭文字となるため、dとなっているんだとか。

最初は女子高生や学生の中でブームとなりましたが、今や老若男女問わず続々とTikTokを始める方が増えています。

TikTok ティックトック

TikTok ティックトック

TikTok Pte. Ltd.無料posted withアプリーチ

TikTokといえば、45秒〜60秒くらいのショートムービーの中でダンスを踊ったり、パフォーマンスを行ったりするものが多いですが、使われている曲がよく分からないことが多いです。
どこを探しても載っていなかったり。
ということで、流行りの曲をおさえて早速TikTokを使ってみましょう!

TikTokでよく聞くあの曲は?

さて、次はいよいよ流行りの曲について触れていきます。みなさんが知りたかった曲があるかも!?

その① やりらふぃーで大ブームのあの曲は「Chernobyl 2017」

最近TikTok界で大ブームをみせているやりらふぃーと聞こえる音に合わせて踊る「にわとりダンス」なるものがあります。

振付の中ににわとりのマネをするような動き入っていることからにわとりダンスと呼ばれていますが、とてもノリがいい曲なのに曲名が分からないんですよね。

にわとりダンスとはこちら↓

ということで、にわとりダンスの曲を調べました。

それがこちら、「Chernobyl 2017」(チェルノブイリ2017)です。



アーティストはMaland x Haukenというノルウェーの2人組で、高校の卒業生に向けて作った曲です。

タイトルにチェルノブイリと入っているので、ロシアのチェルノブイリ原子力発電所の事故を想像される方もおられるかもしれませんが、一説によると、高校生のグループ名が「チェルノブイリ」だそうで、特にあの事故のことを歌っているわけではないようです。

作られた当初はTikTokで使われるなんて思わなかったかもしれませんが、海を渡って日本で大ブームとなりました!

ちなみに、曲の間に鞭を叩くような音が入っていますが、Nicky MinajというアーティストのWhip itって曲でも使われていましたね。(完全にウンチクです笑)

TikTokを撮るときの必須アイテム、三脚&ライトであなたもTikToker!

2020年 ギャル流行語大賞は「らりらふぃー」が受賞!

ついにやりらふぃーは社会現象にまでなりました!

2020年12月1日に発表されたギャル流行語大賞は「きゅんです」、「〜しか勝たん」を押さえて「やりらふぃー」が大賞に輝きました。

ギャルの間ではやった流行語をランキング形式で公開する「2020年ギャル流行語大賞」が1日発表され、「やりらふぃー」が大賞に輝いた。  同賞はギャルならではの発想で生み出されるその世代の流行語を、ランキングで毎年12月上旬に発表。毎年株式会社ツインプラネットが運営する「GRP―ギャル・リサーチ・プレス」(のちに「Girls Research Press」にリニューアル)から発表されるもの。

◇1~10位は以下の通り

1位=やりらふぃー

2位=しか勝たん

3位=きゅんです

4位=ぱおん

5位=○○もろて

6位=尊い

7位=インライ

8位=密です!

9位=親フラ

10位=ギョプる

引用:yahooニュース

やりらふぃーはサビ部分の歌詞の「Jeg vil at vi」がやりらふぃーに聞こえることから、この曲で盛り上がる人たち=パリピに代わる言葉としても使われるようになりました。

きゅんです!もそうですが、これからもTikTok発のバズワードがたくさん出てきそうですね。

その② ポケットからきゅんです!は「きゅんです!のうた」

にわとりダンスと並んで人気なのが「ポケットからきゅんです!」と始まる日本語の曲です。

こちらの曲は、ひらめ氏が歌う「きゅんです!のうた」です。

公式の動画がなかったのですが、歌詞には続きがあるようです。

ポケットからきゅんです 歌詞

最近では邦楽の曲もかなりTikTokで流行っています!

YOASOBI – 夜に駆ける

yama – 春を告げる

ゆある – アスノヨゾラ哨戒班 (cover)



その③ ○○そうな人の名前で使われている曲は「Ghentle man」

イケメンに多い名前、可愛い人に多い名前等、一覧で使われている曲も人気がありますね。

また、この曲は振付もあるので踊っている方も多いです。

さて、この曲は、PSYのGhentlemanという曲ですね!

PSYといえば「オッパ ガンナムスタイル」でおなじみ、GANGNAM STYLEが有名ですね!

また、振付がかなり話題となった、Daddyも有名です。

ちなみに、DADDYの曲を使って「竹内ダディダディ」というのが新たに流行っていますね。

竹内ダディダディ どすこいわっしょい ピーポーピーポー!



たいてぃんくんで一躍有名となったShuta Sueyoshiの「Hack」

こちらもかなり人気となった、ZOZOスーツを着た男の子が無表情でベッドの上で飛び跳ねる動画の曲ですが、こちらはShuta Sueyoshiの「Hack」という曲です。

うん?末吉。。。どこかで聞いたことが。

と思ったらAAAの末吉くんでしたね!

ちなみにShuta Sueyoshiの公式ページはこちら

番外編:有吉の壁で話題のストレッチャーズ(ジャンポケ)の曲って?

TikTokではありませんが、最近有吉の壁という番組で放送されて大人気となっているのが、ジャングルポケットの三人がストレッチャーズというキャラクターで「どこにも効かないエクササイズ」というネタを行った際の曲が流行っています!

公式ではオリジナルの音源となっていますが、番組で放送された曲を探している方も多いです。

僕自身もこの曲ノリがいいなーっと思っていましたが、ヒントはサビに入る前の「ワチ、ワチガンドゥ♪」というフレーズでした。

このフレーズを入れているアーティストはJax Jonesという方ですね!

アーティストで調べるとすぐに出てきました。

Jax Jones, Ella Henderson – This Is Real

Jax Jonesは個人的にとても好きなので、そちらもオススメしておきます!

これはQuick Styleというクルーが踊っていてかっこよかったので速攻で探しました。

また、こちらのInstractionもおすすめですよー

さて、まだまだTiktokで流行っている曲はたくさんあるのですが、紹介していくとキリがないので今後もシリーズ化して紹介していきます!

乞うご期待!

 

CapCut

CapCut

Bytedance Pte. Ltd無料posted withアプリーチ



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる