【沖縄初開催!】SPARTAN RACE(スパルタンレース) OKINAWA 2021 参加レポート【しんどさは?どんなコースだった?】

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

2021年2月27日 ついにSPARTAN RACE 2021年が開始されました!

世界でも2021年シーズン最初のレースとなったようで、とても注目されていたレースとなっています。

さて、2020年から約1年延期となっていたSPARTAN RACE OKINAWAですが、新型コロナ感染症予防対策を行った上で行われました。

実際どのようなレースとなったかまとめていきます。

ちなみに、SPARTAN RACE OKINAWAのこれまでのまとめ記事はこちらです。

あわせて読みたい
【沖縄開催!】SPARTAN RACE 2021 OKINAWA 完全攻略マニュアル!
【沖縄開催!】SPARTAN RACE 2021 OKINAWA 完全攻略マニュアル!延期となっていた沖縄のレースは2021年2月27日開催!SPARTAN RACE OFFICIALよりレースに向けてのモチベーションアップ動画がアップされています。https://www.youtube.c...
目次

SPARTAN RACE OKINAWAのレベルはどうだった?

今回のSPATRAN RACE OKINAWAのコースを改めて紹介しておきます。

今回は美ら海ビーチにて行われるレースで、ビーチとその周辺を回るコースとなっていました。

当初よりビーチということで、大半が砂浜を走るような過酷なものになるのではないかと思われていました。

実際のコースとしてはそこまで砂浜を走ったわけではなく、レース前半とゴール付近で砂浜のランと障害物があった感じでしたね。

大半はむしろ舗装された道路を走ることが多く、コースの沿道からは普段から付近をロードワークをされている方々に応援していただいたり、とても走りやすいコースとなっていました。

コースは主に前半と中盤(SUPERのみ)と後半の大きく分けて3つとなっていました。

前半部分(SUPER,SPRINT 共通)

スタートからしばらくはランがほとんどで、ビーチの外周から広場に入ってくる部分になります。

障害物もWALL系やOUTのような登ったりくぐったりといった障害物が多く、ここまでは恒例の展開となっていました。

ここを通過すると一旦砂浜を走ることになります。

ただし、砂浜は少し固めだったため、走りやすかったと思います。

そこから再度舗装された道路に戻りしばしランがありました。

Sandbag Carryもありましたが、ここまではみなさんスムーズに来られたかと。

そこを抜けると、Spair Throw、Hercules Hoistなどの定番の障害物が続きます。

前半の山場はこの障害物密集地域だったと思います。また、腕力を使う種目が多く、一つクリアしてもすぐ別の障害物となると、かなり体力が奪われた気がします。

このあたりも毎レースごとにこのような展開となっていますが、やはり総合的にトレーニングしていないと全ての障害物をコンスタントにクリアすることは難しいと感じました。

ここを抜ければまたランとなります。

created by Rinker
Camcom
¥2,600 (2021/07/27 02:21:41時点 Amazon調べ-詳細)

中盤部分(SUPERのみ)

ここからはとにかく長いランが続きます。。。

途中に壁があったくらいで、とにかくながーいランとなります。

ただし、気温もあまり暑くなく、横には海が広がっていたりと、比較的走りやすかったんではないかと思います。

しかも、折り返しとなるコースだったので、折り返ししてきた選手たちと掛け声を出し合ったりと、参加者同士での一体感も生まれ、とてもいいコースレイアウトだったんではないかと思います。

実にSUPERのコースの大半はこの部分のランとなりました。

砂浜に帰ってきたらいよいよ後半戦となります。

後半(SUPER,SPRINT共通)

ここからはSUPERもSPRINTが合流してレースが展開されます。※一部SUPERだけのコースあり。

砂浜のランあり、障害物ありでしたが、SUPERではここでTwisterが出現して多くの方が失敗されていました。

後半にこれが出てくると毎回やられるんですよね。。。

また、砂浜でのBucket Carryも出現し、参加者を苦しめていましたね。

今回の障害物の中でもっとも伏兵だったのは最後のFire Jumpだったかもしれません(笑)

砂浜内に埋め込まれて見えづらかったですが、いつものレースよりも幅があり、ジャンプしてもかなりの距離飛ばないといけませんでした。

簡単な障害物だと思って飛んだら痛い目みそうでしたね。。。

総じてどうだったか?

レースを通じた総評となりますが、今回は他のレースと異なり高低差が少なく、またコース自体も走りやすかったこともあり、STADIONなどのレースを除くとかなり走りやすかったのではないでしょうか。

ただし、その結果かなりハイレベルの戦いが繰り広げられることに。

Elite部門では1時間切りはもちろん、早い方だと1時間前半でゴールされていたと思います。

沖縄の壮大な自然を見ることもできたと思いますので、楽しみながら(苦しみながら)レースを終えることができました。

レース動画(随時追加)

僕は今回Gopro等つけなかったので動画が無いのですが、他の方々でレースの模様を撮影されていた方がおられたのでそちらを紹介していきます。

さらっちスパルタンチャンネルさん

翔さんもコースすべての動画をアップしておられますね。レース全体が見たかった方はこちらが参考になります!

コロナ対策はどうだった?

今回焦点にあげられていたのは、レース自体のコロナ対策に関してです。

大人数が参加するイベントのため、事前に参加辞退された方も多かったと聞きます。

イベントを実施する上ではコロナ対策は必須でしたが、実際どうだったのでしょうか?

・スタート時のマスク着用必須

・同時スタートの人数縮小

・各障害物ごとに消毒実施

・ゴール後の各種景品(Tシャツ、メダル、水)の受け渡し廃止(各自で取るシステム)

その他にも様々な部分で対策が取られていました。

今後のレースの予定はまだ出ていませんが、しばらくはこの方式で開催されるかもしれません。

今後も引き続きレースが開催されることに期待しましょう!

また、他の方のレースの模様がアップされたら更新していきますね!



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる