【SPARTAN RACE】スパルタンレースで大事な「3つのK」とは?

Spartan Race

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

これまでスパルタンレースの完走を目指して様々な観点からスパルタンレースの攻略法をご紹介してきました!

まとめ記事をチェックして無い方は、ぜひご参考ください!




ただ、僕自身も3回レースに参加し、完走してきた結果、結局のところスパルタンレースに参加する上で必要なものって「3つのK」に集約されるんではないかという結論に至りました。

実際には、テクニックや練習等も必要にはなりますが、僕の中では、毎回レースに出る際にこの3つのKを意識して取り組み、実際に完走してるので、ぜひみなさんもレースに出る上で心がけていただけると幸いです!

梅丹本舗 2RUN 2粒×15袋
梅丹本舗

スパルタンレースに必要な「3つのK」

それでは、早速3つのKについて触れていきます!

が、その前に、前回の記事でも書きましたが、スパルタンレースは「世界一過酷な障害物走」と言われてはいるものの、老若男女問わず多くの方が完走しており、決して完走が無理なものではないということを力説させていただきます。

とはいえ、もちろん何も意識せずに出場しただけでは、最悪の場合、怪我等にもつながってしまいかねません。。。

そこで、改めて必要な要素を洗い出しましたので、ご自身のレースに役立ててください。

それでは、まず1つ目のKから!



「筋肉のK」

うん?筋肉なら「Muscle」じゃないの?

と思われている方もおられる方、細かいことは無視してください(笑)

そうです、当然ながら筋肉は必要です。

ただ、こんなムッキムキになる必要はないのでご安心ください(笑)

とはいえ、少しでもタイムにこだわって完走するのであれば、日々の筋トレは必要です!



では、どのくらいの筋肉が必要かですが、これは、人それぞれなので、一概にこのくらいあれば安心!ということは言えません。

僕自身も日々筋トレは行なっていますが、やはり一人では持ち上がらない重りもあったりはします。

ただ、筋トレを行うことで回を追うごとにクリアできなかった障害物をクリアできるようになりました!

ということで、自重でも構わないので筋肉をつけているのをお勧めします!

レビュープレゼント★新作 スポーツグローブ 指切り トレーニング フィットネス ハイキング 滑り止め 遠足 便利 筋肉 エクストリーム 自転車 運転 釣 山登り 通気 汗拭き レディース メンズ ホームジム 黒 ブラックアウトドア ハーフフィンガー 旅行 手袋 軍手【代引不可】

価格:1,880円
(2019/7/4 02:07時点)
感想(0件)

「根性のK」

次に重要なのは、ずばり、根性ですね!

単純に根性と言っても、いろいろと考え方はあると思いますが、少なからず、途中で諦めたり、不安で前に進めないということにならない程度の根性があれば絶対に乗り越えることはできます。

むしろ、スパルタンレースではそういった、困難を乗り越えることができる力が試されているような気がします。

ですので、たとえ走るのが苦しくて、めげそうでも、必ず諦めない根性をもちましょう!



「計画のK」

最後は、僕が一番意識していると言っても過言ではない、「計画」についてです。

スパルタンレースは一番短いコースでも5Kmのラン+20個の障害物をクリアする必要があります。

そこで、スタートから全力でつっこみすぎたりすると、レースに慣れておられない方はおそらく序盤でバテてしまい、レース後半まったく楽しめない。。。という事態が発生します。

また、コースがどんな感じか事前に把握しておけば、youtube等の動画を見てシミュレーションを行うことも可能です。

ですので、レース本番だけが勝負なのではなく、その前段階から計画して本番を迎えることが大事なんです。

昨今のレースだと、本番の1週間前にはコースが公式アナウンスされるので、僕の方でも攻略方法を掲載しています。



スパルタンレースは己の肉体だけでなく、時には頭脳的な要素も必要であると考えていただいて結構です。

【SPARTAN RACE】スパルタンレースで大事な「3つのK」とは? まとめ。

今回はスパルタンレースに出るにあたって、僕自身が完走する際に意識している3つのKをご紹介しました!

障害物を乗り越える「筋肉」
困難にぶち当たっても立ち向かう「根性」
レースを戦略的な面でクリアする「計画」
そして、すべてのKを意識することができれば、最後にもう一つ、
「スパルタンレースを攻略する」というKを手に入れることができます!
あなたにとって、少しでも人生の糧となるものがレースに出て経験できますので、
これを読んでぜひレースに挑戦しましょう!
AROO!AROO!AROO!



コメント