【初心者必見!】株式投資で儲かるIPOが確実に当たる唯一の方法【当選確率は?始め方は?】

どーも、スマダン管理人のsmAsh(@smAsh_smAsh01)です。

みなさんご存知の通り、2021年2月15日、ついに日経平均株価が30,000円を超えました!

これは実に30年ぶりということで、個別の銘柄も軒並み上昇しています。

そのため、ここ最近株式投資を始められる方がとても多いんです!

しかし、今株を始めたからといって、必ず儲かるわけではありません。値動きが激しく、場合によっては投資金額よりマイナスとなってしまうことも少なくありません。

せっかく気軽に儲かると思って始めたのに、逆にマイナスになってしまっては元も子もありませんよね。

ということで、今回は株式投資で高確率で儲かるとされている「IPO」について紹介させていただきます。

さらに、そのIPOを確実に当てる方法についてもご紹介していきます。

この記事がオススメな方

この記事がオススメな方はこんな方。

・株を始めてみたいけれど、損をするのが怖い方

・株を始めたけど、何からしていいかわからない方

・IPO投資でまだ当たったことが無い方

IPO投資は誰でも簡単に始められる方法ですので、ぜひこの記事を読んで株式投資を始めてみましょう。

IPOならSBI証券!口座開設は無料で行えるので、まずはお気軽に開設していきましょう!
目次

IPOって?

まず始めにIPOってなんぞや?って思われる方も多いかと。そこで、まずはIPOについての解説です。

IPO( Initial Public Offering ) = 「新規公開株」(新規上場株式)

日本の企業がいざ資金を集めようとすると、株券を発行して投資家たちに購入してもらう方法が一つとなります。

そこで、証券取引所に上場することで実際に多くの投資家たちから資金を調達することができるようになるのですが、その際に行うのが「IPO」です。

今現在みなさんが目にしている銘柄(ソフトバンク,ファーストリテイリングetc…)たちもIPOを経て現在に至るわけですが、IPOって言われても正直何がいいのかよく分かりませんよね。

そこで、次はIPOが儲かるとされている仕組みについてご紹介します。

IPOはなぜ儲かるのか?

IPOは株を始めた方でも参加しやすく、かつ高確率で儲かるとされています。

その理由はとても簡単で、新規上場する株には公募価格とよばれるその銘柄自体の売り出し価格が設定されています。

IPOの場合は上場前に公募価格で購入することができ、証券取引所に上場後、初値(はつね)がついたとき始めて一般の投資家たちが売買できるようになるんです。

いわば、この時公募価格よりも初値が高くなると利益が得られるわけです。

これは通常の株式売買と同じことなんですが、IPOを公募価格で購入できるのは企業側が公募価格で売り出した株券の枚数までとなります。

そう、ここにも儲かる理由があって、新規で売り出した枚数が少なくて、かつ人気化が想定される銘柄だと価格も高騰しやすくなります。

過去に高騰したIPOのケースを見てみましょう。

将棋AIで有名となったHEROZ (証券コード:4382)のケース

IPOの魅力をもっとも発揮したのが2018年4月にマザーズに上場した「HEROZ(ヒーローズ)」という企業です。

HEROZ株式会社(ヒーローズ)
HEROZ株式会社(ヒーローズ)
HEROZ株式会社(ヒーローズ)人工知能(AI)革命を起こし、未来を創っていく

HEROZはAIを駆使した各種サービスを提供しており、中でも将棋AIはプロの将棋士に勝利するくらい優れたサービスで話題となりました。

HEROZの公募価格は1株4,500円でした。(株式の最低購入単元は100株からとなりますので、100株分で45万円となります。)

45万円となるとかなり高い!と思われるかもしれませんが、さらに驚くべきは初値のタイミングです。

上場日に初値がつかず、その後も数日間初値がつきませんでした。

結局、初値は公募価格の約11倍にあたる、49,000円で成立しました。(日本の株式史上最高額)

つまり、1株あたり44,500円(49,000円 – 4,500円)の利益となります。

これが100株分あるので、つまり公募価格で買っておけば無条件で約450万円が手に入るわけです。

聞くだけで夢のような話ですよね。

他にも同様なケースでヘッドウォータース(4011)ニューラルポケット(4056)などが挙げられます。

ヘッドウォータース(証券コード:4011)のケース

こちらもHEROZと同じくAIを駆使したサービス展開を行なっているヘッドウォータースという企業です。

株式会社ヘッドウォータース
株式会社ヘッドウォータース
株式会社ヘッドウォータース

ヘッドウォータースは公募価格が2,500円(100株で25万円)となり、2020年9月にマザーズに上場した際は28,560円で初値がつきました。

つまり、利益は26,160円となります。

こちらも100株単位のため、初値で売ることで約260万円が利益となるんです。

しかし、ここまでは公募価格が高くて資金がないって方は手が出せないかもしれません。

次に公募価格が安くても利益が出てケースを紹介します。

ニューラルポケット(証券コード:4056)のケース

こちらも前の2社と同じくAI関連の企業であり、今話題のスマートシティに携わっていたり、会社設立からIPOまでに約2年と驚きのスピードで上場すると話題になった企業です。

ニューラルポケット株式会社 Neural Pocket Inc.
ニューラルポケット株式会社 Neural Pocket Inc.
ニューラルポケット株式会社 Neural Pocket Inc.画像解析AIソリューション。モビリティ向けAI解析サービス。デベロッパー、鉄道事業者、自治体・官公庁向け、消費者属性・動線解析スマートシティソリューション。AIサイネ...

こちらの公募価格は900円(100株だと9万円)で2020年8月にマザーズに上場し、初値は5,100円となりました。

先ほどの2社と比べると物足りない感じもしますが、それでも42万円の利益となっています。

ただで何もしなくても約40万円もらえるなら誰だって欲しいですよね(笑)

 

さて、ここまでは夢のような実例をご紹介しましたが、ここから現実の話をいたします。。。

夢があるIPO投資!しかしとても厳しい現実が…

さて、ほぼノーリスクで利益をゲットすることができるIPOについて紹介していきましたが、そんなウマい話があったら誰だって億万長者になれているわけですよね。

ここで、改めてIPO投資の難しさについても触れておく必要があります。

株初心者の方は特にここはチェックしとおいてくださいね。

IPOの難しいところその1. 「IPOだからといって全ての銘柄が儲かるわけではない」

過去の統計上、約95%のIPOした銘柄が儲かっていますが、中には公募価格よりも初値が低くてマイナスとなるケースもあります。

例えば、最近話題となったソフトバンク※親会社のソフトバンクグループではなく、携帯電話の方 は2018年に上場しましたが、1,500円の公募価格に対して初値が1,463円と37円のマイナスになりました。 (100株だと3,700円のマイナス)

IPOの難しいところその2. 「事前に人気化するとわかっている銘柄はまず当たらない」

さきほど記載したHEROZやヘッドウォータース、ニューラルポケットなどは事前に人気化することが投資家たちの間でもわかっていたため、各証券会社に割り当てられている売り出し枚数をはるかに超える応募がありました。

一般的にIPOを入手する方法は裁量分配抽選分配があり、裁量分配は主に店頭にて証券会社の担当者が配分してくれる制度です。

ただし、証券会社の担当者からしたらまったく自社にお金を使ってくれない投資家と、数億円を運用してくれている投資家を見たときにどっちにIPOを分配したくなるか…文字通り裁量なので担当者次第で振り分けが変わってくるわけです。

逆に公募価格を下回りそうな銘柄も事前に想定できるため、その場合は初心者であっても担当者から積極的に買って欲しいという連絡がくるようになります(笑)

 

次に抽選配分ですが、大半の証券会社が取っているのが資金に応じた抽選制度です。

つまり、こちらもお金を多く持っている方が当選のチャンスがあるというわけです。

端的にいうと、数千万円〜数億円の投資資金がないとまず当たるのは至難の業と思っていいでしょう。

いや、だったら株初心者がまず太刀打ちできないやん!

と思われた方に、当選するための唯一の方法をご紹介します。

created by Rinker
¥1,320 (2021/02/24 22:30:55時点 Amazon調べ-詳細)

IPOを確実にゲットするならSBI証券のIPOチャレンジポイント!

前段で人気のIPOに当選するためには資金力が大事とお伝えしましたが、そんなに資金がない人にも朗報です。

それが、SBI証券が実施している「IPOチャレンジポイント」です。

新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されます。
次回以降のIPOお申し込み時に、IPOチャレンジポイントをご使用いただくことにより、IPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントプログラムサービスです。

引用:SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

 

簡単に言うと、IPOに外れるごとにIPOチャレンジポイントが貯まり、IPOチャレンジポイントが多い順から当選しやすくなるというサービスですね。

IPOに応募する際、IPOチャレンジポイントを利用するかどうかを確認されますので、そこで利用するIPOチャレンジポイントを入力し、IPO抽選に参加することで完了となります。

SBI証券であればブックビル申込(IPO抽選申込)の株数、および使用IPOポイントを入力することで応募が完了します。

何度も言いますが、IPOチャレンジポイントを貯めれば当選確率は上がっていくわけです。

ということで、やるべきことはSBI証券でIPOに申込 → 落ちたらチャレンジポイントをゲット → 貯まったIPOチャレンジポイントを狙ったIPOに使って当選する ということだけです。

ちなみに、IPOポイントが数ポイント貯まったところで当選する確率は極めて低いです。。。

一般的に言われるのが、過去のIPOチャレンジポイントの利用数と当選された方の利益率から導き出された

IPOチャレンジポイント1ポイント = 約1,000円 の価値

ということです。

つまり、50万円の利益があるIPOに当選するためには、ざっと500ポイントが必要となるわけです。

ちなみにこのIPOチャレンジポイント、1社落選すると1ポイントもらえるため、500ポイント貯めるためには500社のIPOに落選する必要があります。。。

なんだか就職活動みたいですね(笑)

しかし、コツコツと落選を貯めていき、HEROZのような銘柄が当選したら一発逆転できるわけですよね!

しかも、それまでに一切の損失も出していないので、まさに初心者にとってオススメの方法となるわけです。

しかし、ここで一つ落とし穴があり、IPOチャレンジポイントを使って一度でも当選すると、その際利用したIPOチャレンジポイントは消費されてしまいます。

例えば、公募割れしそうなIPOにIPOチャレンジポイントを使って当選してしまうと、せっかく貯めてきたポイントが無くなる上に公募価格を下回ってさらにマイナスになるという踏んだり蹴ったり状態になるので注意が必要です。(もちろん、当選後に辞退することも可能ですが、その際もポイントは返ってきませんのであしからず。)

まぁとにもかくにもSBI証券の口座開設して応募してみるのが大事です。

口座開設は無料で行えるので、まずはお気軽に開設していきましょう!

【初心者必見!】株式投資で儲かるIPOが確実に当たる唯一の方法【当選確率は?始め方は?】まとめ。

今回は株式投資で高確率で儲かるIPO投資について紹介しました。

・IPOとは新規公開株のことで、公募価格と初値の差額で儲けることが可能

・中には当選したら450万円も儲かったケースもあり!

・人気IPOの当選は至難の業なので、SBI証券のIPOチャレンジポイントを貯めるのがおすすめ!

ノーリスクで利益が得られるので、まず何をしていいかわからないという方は口座開設した上でIPOをはじめてみましょう。



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる